蛍公園(曽爾・かずら橋) ― Firefly-park (Soni, Kazura-bridge) ―

青蓮寺川にかかる吊り橋「かずら橋」 ―The suspension bridge over the Syorenji-river―

曽爾高原の入口にある蛍公園には、青蓮寺川に人道の吊り橋「かずら橋」がかかり、ホタルの名所として知られています。
6月下旬にはゲンジボタル、7月上旬にはヘイケボタルも見ることができます。ゲンジボタルは河川などの流水を好む大型のホタルです。ヘイケボタルは、田んぼや池などのたまり水に生息し、ゲンジよりもやや小型のホタルですが、最近では希少になっています。
ホタルは、月の出ていない風の弱い蒸し暑い夜に多く発生します。同じ場所でもその日のコンディションによって飛ぶ数が大きく違ったりすることも良くあります。活発に飛び回るのは、午後8時~9時で、夜遅くなると動きが鈍くなります。
以前は川に下りることもできましたが、現在は安全対策などから降りられないようになっています。かずら橋の上から見下ろすほか、一つ北側にある低い橋(人道)から見上げることは可能です。
蛍公園では、ホタルのシーズン中にイベントも開催され、イベント中は臨時駐車場からシャトルバスが出ることもあります。
ホタルを鑑賞するときは、懐中電灯などの人工光を持ち込まないように心がけ、車のヘッドライトはもちろん、ウインカーやハザード、室内灯も速やかに消灯し、暗闇に目を慣らして静かに観賞しましょう。
青蓮寺川沿いでは、ほかに、ここよりも北寄りの小太郎岩などが有名です。

  • かずら橋
  • 橋の下を舞う
  • 詳細地図

インフォメーション

曽爾村「ほたるまつり」
開催日時:2017年6月10日(土)、17日(土)
     17:00(整理券配布)~21:00
開催場所:曽爾村ファームガーデン※、駐車場あり
     (曽爾村ファームガーデンから蛍公園への無料バスをご利用ください)
※曽爾村ファームガーデンは、曽爾高原に向かう途中「お亀の湯」があるところです。蛍公園は、県道81号沿いですが駐車できるところが少ないため、開催日はファームガーデンに駐車して無料バスをご利用ください。
ホタル情報のお問合せは、0745-94-2106曽爾村観光係までお願いします。

店舗・施設名 蛍公園(曽爾・かずら橋)
NAME Firefly-park (Soni, Kazura-bridge)
読み方 ほたるこうえん
住所 奈良県宇陀郡曽爾村太良路
アクセス 針インターからR369号を南下し曽爾村方面へ、曽爾郵便局を過ぎてすぐ右(針から合計約32km)
駐車場 あり(曽爾村ほたるまつり開催中は、ファームガーデン駐車場から蛍公園まで無料シャトルバス)

事務局からのご案内

車のハザードランプや懐中電灯を点滅させるとホタルが寄ってくるという噂が広まったためか、蛍に向かってライトを照らす人が多いようですが、ホタルの繁殖活動を攪乱する行為ですので止めましょう。
現場に到着してまだ暗闇に目のなれていない観察者から見ると、興奮状態になったホタルが一瞬明るくなるのが、ホタルが寄ってくるように見えるのでしょう。先に到着して観察している人から見れば、ハザードが焚かれる度にその後数分間ほとんどホタルが光らなくなって逆効果であることが歴然です。他の観察者の迷惑にもなりますので、人工光は持ち込まず、暗闇に目を慣らして静かに観賞しましょう。

地図

Pocket

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

地域分類

おすすめ記事

ブログ新着記事

ページ上部へ戻る