達磨寺 ― Darumaji-temple ―

雪丸の発祥地 ―The birthplace of Yukimaru (Masucot character) ―

聖徳太子と達磨大師にまつわる「片岡山飢人伝説」で知られるお寺です。最近では、王寺町のマスコットキャラクター(ゆるキャラ)雪丸のモデルとなった石像でも有名になりました。
片岡山飢人伝説は、推古天皇21年(613)に厩戸皇子(聖徳太子)が飢えで瀕死の異人に食物と衣服を与えたところから始まります。後日、息を引き取った異人は丁重に葬られるのですが、その後、棺から遺体が消えてしまいます。消えた異人は達磨禅師の生まれ変わりという噂になり、聖徳太子が達磨像を祀ったのだそうです。
また、上述の雪丸は、聖徳太子の愛犬で、伝説では人語を話せたと言われています。境内にある石像は、それほど古いものには見えませんが、江戸時代の「奈良名所絵図」に記載があるそうです。本堂の奥には、雪丸の墓と伝わる「雪丸塚」もあります。

  • 雪丸ロード
  • 雪丸の石像
  • 問答石
  • 鐘楼

インフォメーション

土日のみ、王寺観光ボランティアガイド友の会の方が本堂を開けてくれるので、内部の見学が可能です。平日は予約が必要です。

店舗・施設名 達磨寺
NAME Darumaji-temple
読み方 だるまじ
住所 〒636-0012 奈良県北葛城郡王寺町本町2丁目1-40
電話番号 0745-31-2341
アクセス 西名阪道の香芝インターからR168号を北へ約3.5km(右側のためUターン要)
●JR王寺駅南口から「雪丸ロード」の案内に沿って徒歩約15分
駐車場 あり(無料)
ホームページ http://www.darumaji.jp/

地図

Pocket

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

地域分類

おすすめ記事

ブログ新着記事

ページ上部へ戻る