龍王ヶ淵(竜王ヶ淵、龍王ヶ渕) ― Ryuogabuchi-pond ―

人知れずたたずむ神秘の空間 ―Hidden mysterious space―

大和富士「額井岳」の山腹、標高530mの山中に湧水を貯めた神秘的な池です。
古くから貴重な水源、信仰の地として大切に守られてきた池であり、風が無いと鏡のようになった水面に周囲の山を映すことから、アマチュア写真家などにも人気がある場所です。
駐車場の近くに休憩所(東屋)があるほか、奥には堀越神社があり、豊玉姫命(とよたまひめのみこと )が祀られています。
また近年、遊歩道と橋で池を一周できるように整備されました。遊歩道の途中は場所によっては湿原のようになっているのですが、足場が悪いところもあるので注意が必要です。
夏場は、マムシやスズメバチに、また四季を通じて野生動物にも注意が必要です。
神社の立て看板があり、釣りは禁止されています。(理由は書かれていませんが、堀越神社の神域であるためと思われます。)

  • 水鏡
  • 遊歩道
  • 銀河

インフォメーション

風が弱く水鏡が見えやすいのは早朝です。
また、四季を通じてそれぞれの景色が楽しめますが、紅葉する木は少ないので、一般的には新緑の季節がオススメです。
6月にはヤマアジサイも咲きます。
蛍も少し見かけますが、数は多くありません。
夏から秋にかけては、水草が多くなり水鏡は見にくくなります。
雪は直ぐに融けてしまうので、積雪は稀です。
冬場は、スタッドレスタイヤ等の装着が必須です。

店舗・施設名 龍王ヶ淵(竜王ヶ淵、龍王ヶ渕)
NAME Ryuogabuchi-pond
読み方 りゅうおうがぶち
住所 奈良県宇陀市室生向渕
アクセス 名阪国道の針インター交差点からR369号を南へ3.2km、外の橋(以前ローソンがあったところ)交差点を左折して3.1kmの点滅信号で右折(ここから1車線)、1.3kmで案内板を右折すると250mで右側に駐車場
●近鉄「室生口大野駅」より徒歩約1時間30分(ハイキング・登山)
駐車場 あり(無料、8台)

事務局からのご案内

★県道から先の1.5kmは、大変狭いので十分注意して走行ください。
★道路上を鹿などの野生動物が頻繁に横断します。
★夏季は草が生い茂り、歩道に冠水部分もあります。マムシにもご注意ください。
★冬季は積雪や凍結などに注意してください。(冬タイヤ等が必要です。)
★場所により携帯電話は通じないか通じにくいことがあります。

地図

Pocket

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

地域分類

ブログ新着記事

ページ上部へ戻る