奈良少年刑務所 ― Nara Juvenile Prison ―

明治の赤れんが建造物 ―Red brick building of the Meiji era―

明治政府が千葉・金沢・奈良・長崎・鹿児島に作った「五大監獄」のひとつ「奈良監獄」が前身で、法務省矯正局の大阪矯正管区に属する刑務所、また全国7箇所の少年刑務所の一つでした。
明治41年(1908年)に竣工した山下啓次郎設計による建築物が現存します。ジャズピアニスト、作曲家、エッセイスト、作家として知られる山下洋輔氏は、啓次郎氏の孫にあたります。建物の大半が100年以上にわたって使用されている煉瓦建築です。
職業訓練として、板金科、溶接科、配管科、クリーニング科、機械科、電気工事科、建築科、工芸科、ホームヘルパー科、印刷科、左官科、理容科、短期理容科、情報処理科、農業園芸科、ビルハウスクリーニング科の総合訓練を実施していました。受刑者が働き、一般の人が利用できる理髪店「若草理容室」(2016年8月31日閉店)があったことでも有名です。
老朽化により、2016年度末での廃庁(閉鎖)が決まっており。建物は民間が運営する施設(ホテルや博物館など)で保存・活用される方向です。
→ 2017年5月、監獄ホテル、レストランなどに活用する方向で優先交渉が決まりました。

  • 奈良少年刑務所

インフォメーション

2017年7月16日(日) 旧奈良監獄(奈良少年刑務所)見学会
自由見学(申込不要)は、午後1時~5時(最終入場30分前)

通常刑務所内に入ることはできません。
毎年、全国の受刑者たちが作った家具や小物などが展示販売される「奈良矯正展」というイベントが実施されていましたが、2016年9月10日(土)~11日(日)を最後に終了しました。

店舗・施設名 奈良少年刑務所
NAME Nara Juvenile Prison
読み方 ならしょうねんけいむしょ
住所 〒630-8102 奈良県奈良市般若寺町18
アクセス ●奈良交通バス「般若寺町」下車徒歩約3分

地図

Pocket

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

地域分類

おすすめ記事

ブログ新着記事

ページ上部へ戻る