志賀直哉旧居 ― The former residence of Naoya Shiga ―

和洋折衷の大邸宅 ―Half foreign style mansion―

生涯で28回も転居を繰り返したことで知られる志賀直哉の旧居は、広島県尾道市など数カ所に残されていますが、奈良市高畑町の閑静な住宅地に佇む旧居は、登録有形文化財にも指定され、学校法人奈良学園セミナーハウスとして活用・公開されています。
大正14年(1925年)に京都山科から、かねてからあこがれていた奈良の借家に移った後、昭和3年に自ら設計した邸宅を高畑町に造って移り住んだのだそうです。
この場所は、鎌倉時代の頃から春日大社の神官たちが住んでいた社家の跡で、春日大社の二の鳥居の横から「下の禰宜道(しものねぎみち)」でつながっています。この下の禰宜道は、現在は「ささやきの小径」とも呼ばれ、歌手さだまさしさんの「まほろば」で「馬酔木(あせび)の森の馬酔木(まよいぎ)に」と歌われたことでも有名になりました。奈良公園に隣接する住宅地としては、志賀直哉と同じころに武者小路実篤が住んでいた「水門町」(東大寺の西側、依水園や入江泰吉旧居がある)と並ぶ一等地と言えます。
玄関から見た外観の印象は数寄屋造りのこじんまりとした日本建築ですが、中に入ると和洋折衷の広大な食堂やサンルーム、娯楽室などが拡がっています。茶室や8人の子供たちの部屋、女中部屋や冷蔵庫を備え付けた台所、洗面所や浴室、また2階には、尾道時代から手掛けてきた名作「暗夜行路」を完結した書斎も残されています。
文人や画家が集い「高畑サロン」と呼ばれたサンルーム、大きなテーブルを備えた様式の食堂は圧巻です。広い庭には、子供用のプールもあります。昭和13年に子供の教育なども鑑みて東京に移転するまでの間、ここを拠点に奈良や京都の古文化財のほとんどを見て歩いたのだそうです。

  • 志賀直哉旧居
  • 丸窓
  • 食堂
  • 高畑サロン

インフォメーション

開館時間:9:30~17:30
(冬季12月~2月は16:30まで)

名称 志賀直哉旧居
NAME The former residence of Naoya Shiga
読み方 しがなおやきゅうきょ
住所 〒630-8301 奈良県奈良市高畑町1237-2
電話番号 0742-26-6490
定休日 年末年始
アクセス ・市内循環バス破石町より東へ徒歩約5分
春日大社の表参道、二の鳥居から「ささやきの小径」経由で徒歩でアクセスすることもできます。
駐車場 なし(一般の有料駐車場などを利用)
ホームページ http://www.naragakuen.jp/sgnoy/

事務局からのご案内

奈良の食を語るうえで、志賀直哉が随筆「奈良」の中で書いた「奈良にうまいものなし」という言葉がよく引用されます。正しくは「食ひものはうまい物のない所だ」ですが、これに続く文章を読んでみると牛肉やお菓子、豆腐、ガンモドキなどを褒めています。
どうも「美味しいものはあるけれど、これといった名物は無い」と言うつもりの一節が独り歩きしてしまったもののようですね。

地図

Pocket

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

地域分類

おすすめ記事

ブログ新着記事

ページ上部へ戻る