金峯山寺 ― Kinpusenji-temple ―

修験道の本山 ―Large Buddhist temple of the mountaineering asceticism―

古くから桜名所として名高い吉野山の尾根にあって、吉野のシンボル的存在ともいえる金峰山修験本宗(修験道)の本山です。
本来は、吉野郡天川村の山上ヶ岳(標高1,719m)にある大峯山寺(山上の蔵王堂)と吉野町の金峯山寺(山下の蔵王堂)は、一体のものでしたが、現在は別々の寺院となっています。
近鉄の吉野駅から日本最古のロープウェイと言われる「吉野ケーブル」で登った吉野山駅の500m先にありアクセスも便利です。
本堂(蔵王堂)、仁王門、大和国金峯山経塚出土品が国宝となっているほか、像高が6~7mの巨大な秘仏・木造蔵王権現立像 3躯など多数の重要文化財を有しています。
なお、吉野・大峯の霊場は、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成要素となっています。

インフォメーション

「三大行事」
2月3日 節分会・鬼火の祭典
4月11~12日 花供懺法会(はなくせんぽうえ)・花供会式大名行列
7月7日 蓮華会・蛙飛び行事

店舗・施設名 金峯山寺
NAME Kinpusenji-temple
読み方 きんぷせんじ
電話番号 0746-32-8371
アクセス 西名阪道の郡山インターからR24号線で橿原を経由、または天理インターからR169号線で桜井を経由するなどして、吉野へ約30km、下千本駐車場(桜の時期は通行規制あり)から徒歩約20分
●近鉄吉野駅からロープウェイ吉野山駅下車 徒歩約10分
駐車場 下千本駐車場(桜シーズンなどは、一般の有料駐車場などを利用)
ホームページ http://www.kinpusen.or.jp/

事務局からのご案内

近鉄吉野駅から金峯山寺に登る「吉野大峯ケーブル自動車」(吉野ケーブル)は、日本最古のロープウェイと言われています。
もともと大峯山まで延伸される計画があったそうで、「大峯」の名前がついています。

地図

Pocket

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

地域分類

おすすめ記事

ブログ新着記事

ページ上部へ戻る