吉水神社 ― Yoshimizu shrine ―

一目千本の桜の絶景 ―1000 cherry blossom trees at a glance―

吉野山を代表する神社であり、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」のひとつでもあります。元は、金峯山寺の僧坊・吉水院(きっすいいん)であったものが、明治時代の廃仏毀釈によって神社となり名称も改められました。主祭神は、後醍醐天皇、また源義経や豊臣秀吉ゆかりの地でもあります。重要文化財の書院には、後醍醐天皇の玉間と源義経が潜居したと伝えられる間があります。現在、吉野神宮にある後醍醐天皇の像は、元は後村上天皇がを作って吉水院に奉安したものです。
境内から眺める中千本と上千本の桜は、「一目千本」別名「一目十年」とも呼ばれる絶景で、桜シーズンに吉野山を訪れる観光客には必見のスポットと言えるでしょう。

  • 吉水神社の鳥居
  • 吉水神社の案内版
  • 一目千本
店舗・施設名 吉水神社
NAME Yoshimizu shrine
読み方 よしみずじんじゃ
住所 〒639-3115 吉野郡吉野町大字吉野山579
電話番号 0746-32-3024
アクセス 名阪国道の郡山インターから京奈和自動車道(R24号)、R169号を経て吉野町へ。吉水神社へは、観光車道の中千本から上千本に抜けるトンネル出口を右折、桜シーズンは一方通行規制あり、規制時には吉水神社入り口付近は歩行者天国(駐車場無し)
●吉近鉄吉野駅からロープウェイで吉野山駅、徒歩約15分
駐車場 なし(近隣の観光駐車場をご利用ください)

事務局からのご案内

ペットと一緒に参拝できる神社としても知られており、犬、猫専用のお守りがあるほか、七五三のご祈祷もしてくれるそうです。

地図

Pocket

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

地域分類

ブログ新着記事

ページ上部へ戻る