東南院 ― Tonan-in temple ―

シダレザクラが美しい! ―Beautiful drooping cherry blossoms!―

開基は役行者で、金峯山寺と同時に建立された1300年の歴史を持つ寺院です。金峯山寺を守護する目的で本堂から巽(東南)の方角にあたるこの地に建てられたと伝えられます。
本堂に加えて、多宝塔、庫裡、客殿があり、このうち参道からも目立つ多宝塔は、和歌山県海南市の野上八幡にあったもので、寄進によって東南院に移築されました。鎌倉期の作と伝えられる大日如来、毘沙門天、不動明王などが祀られています。また、貞亨元年(1684)松尾芭蕉がここで詠んだ「野晒紀行」の句碑が立っています。
参道側に張り出すようなシダレザクラがあって、ヤマザクラ満開よりも約1週間早く満開となり、多宝塔との絡みが美しくカメラマンにも人気があります。

  • 東南院の多宝塔
  • 東南院の多宝塔
店舗・施設名 東南院
NAME Tonan-in temple
読み方 とうなんいん
住所 〒639-3115 吉野郡吉野町大字吉野山2416
電話番号 0746-32-3005
アクセス 名阪国道の郡山インターから京奈和自動車道(R24号)、R169号を経て吉野町へ。東南院へは、観光車道の中千本から上千本に抜けるトンネル出口を右折、桜シーズンは一方通行規制あり、規制時には東南院付近は歩行者天国(駐車場無し)
●下千本駐車場からは徒歩約20分
●吉近鉄吉野駅からロープウェイで吉野山駅、徒歩約15分
駐車場 無し(下千本駐車場などをご利用ください)

地図

Pocket

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

地域分類

ブログ新着記事

ページ上部へ戻る