天理竹之内の菜の花畑 ― Rape flowers of Tenri-Takenouchi ―

山の辺の道の菜の花 ―Rape flowers along Yamanobe ancient road―

大和の古代道路、春日山の麓から三輪山の麓へ続く「山の辺の道」沿いで2月末~4月初めごろにナノハナが見頃になります。菜の花畑としては、それほど広大と言うわけではないですが、少し小高くなっていることと周囲に高い建物が無い事から、金剛山、葛城山、二上山、信貴山、生駒山と奈良の西側を取り囲む山々が一望でき、少し腰を落としてみれば、どこまでも広がっているようにも見えます。
桜の穴場スポットとして知られる「幾坂池の一本桜」から南へ1kmちょっとで、山の辺の道の周辺では、石上神宮や内山永久寺跡など見どころの多い場所です。

  • 菜の花畑近くのモモ
  • ナノハナ
  • 雨と夕日
  • 夕焼け

インフォメーション

2020年2月25日 例年より早く見頃になっています。

店舗・施設名 天理竹之内の菜の花畑
NAME Rape flowers of Tenri-Takenouchi
読み方 てんりたけのうちのなのはな
開催時期 2020年2月下旬 ~ 2020年4月上旬
住所 天理市竹之内町
アクセス 名阪国道の天理東インターより県道51号を南へ約4.5km、信号のある交差点(佐保庄町)を左折して県道267号(竹之内町の集落方面)へ、350mで右折して120m先
●JR桜井線(万葉まほろば線)の長柄駅から徒歩約25分
駐車場 なし

事務局からのご案内

・写真撮影などで畑の中には絶対に入らないでください。
・狭い道では、地元の車両など優先でお願いします。

地図

Pocket

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

地域分類

おすすめ記事

ブログ新着記事

ページ上部へ戻る