中元万燈籠 ― Chugenmantoro (Lantern Festival) ―

3000基の灯籠が輝く ―3,000 lanterns shine!―

春日大社に2000基あると言われる石灯籠と1000基の釣灯籠に一斉に火が灯されます。
この行事は、約800年昔から行われてきたと言われ、3000基ある灯籠は長い年月をかけて、藤原氏の親族をはじめとした多くの国民から奉納されたものです。
万灯籠が行われるのは、夏の中元万灯籠(8月14日と15日)と2月の節分(年によって日が異なる)の3日間と言われていますが、実際には「しあわせ回廊なら瑠璃絵」などの他のイベントに合わせて実施されることもあります。
中元万灯籠では本殿の前で舞楽の奉納も行われます。
初めてだと参道の石灯籠だけを見て帰られる方もおられるかもしれません。混雑して少し行列に並ぶ必要があり、また特別拝観料が必要になりますが、是非、本殿の中の回廊の釣灯籠もご覧ください。
灯籠にもいろいろな種類があって、作られた時代によっても模様や色形が違います。鹿の絵をモチーフにした灯籠もあるので、探してみてください。

  • 春日大社参道
  • 石灯籠
  • 本堂
  • 釣灯籠

インフォメーション

毎年8月14日~15日に実施。また節分万燈籠は、2月(年により日が変わります。)に行われます。

店舗・施設名 中元万燈籠
NAME Chugenmantoro (Lantern Festival)
読み方 ちゅうげんまんとうろう
開催時期 2017年8月14日 ~ 2017年8月15日
住所 〒630-8212 奈良県奈良市春日野町160
電話番号 0742-22-7788
アクセス 名阪国道の天理インターからR169号を北上し、県庁東交差点を右折(約8.5km)
●近鉄奈良駅から徒歩25分
●JR奈良駅から徒歩35分
●奈良交通バス「春日大社本殿」下車すぐ
●奈良交通バス「春日大社表参道」徒歩約10分
駐車場 あり(有料)
ホームページ http://www.kasugataisha.or.jp/

事務局からのご案内

夜間とは言え、大変暑い時期なので熱中症に注意し、水分の補給にも気を配って下さい。

地図

Pocket

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

地域分類

おすすめ記事

ブログ新着記事

ページ上部へ戻る