浮見堂 ― Ukimido-hall ―

池に映る姿が美しい! ―Beautiful reflection in the pond!―

奈良公園の南端、鷺池に浮かぶ六角形の緩やかな屋根の東屋です。
大正5年の建造で、その後平成6年に修理されたそうです。歴史的な建造物ではありませんが、周囲の景色に融け込んでいて、団体の観光客があまり来ないこともあり、ちょっとした穴場スポットになっています。
特に北岸に桜の木が集まっており、春はお花見で賑わいます。紅葉は桜紅葉のほか、橋を隔てた南東側の島にモミジが沢山あります。
夏の燈花会の会場にもなっていて、例年多くの人が押し寄せるため一方通行規制が行われる人気スポットです。季節や時間帯により、貸しボートで遊ぶこともできます。
若草山の山焼きは角度的に花火しか見えませんが、大文字の送り火は見ることができます。

  • 燈花会
  • 暈(白虹)
名称 浮見堂
NAME Ukimido-hall
読み方 うきみどう
住所 〒630-8301 奈良県奈良市高畑町
アクセス ●近鉄奈良駅から20分
●奈良交通バス「春日大社表参道」下車徒歩約4分
駐車場 近隣の有料駐車場(高畑駐車場など)を利用ください。

地図

Pocket

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

地域分類

おすすめ記事

ブログ新着記事

ページ上部へ戻る