鳥見山の雲海 ― Cloud sea of Mt. Torimi ―

街灯りに照らされる雲海 ―Cloud sea, lit up by the town light―

宇陀市榛原(うだしはいばら)の鳥見山(735m)から見ることができる雲海(霧)です。公園へ向かう道路の途中にある小広場(車2~3台駐車可能)や公園駐車場の南西側にあるコンクリート製の展望台、また駐車場から少し登ったところにある「見晴台」がビューポイントになっています。
霧は秋から初冬にかけての昼と夜の気温の差が大きくなる時期、風が弱く上空が良く晴れている朝の日の出前後に発生する確率が高くなります。また、雨が降った翌朝などは、地上付近の湿度が高く、霧が発生しやすいとも言われます。
雲海(朝霧)は、大和高原の各所で見られますが、針テラス近辺では、鳥見山のほか、額井岳の南斜面(山部赤人の墓~戒場)、香酔峠の南へ少し降りた辺り、また月ケ瀬梅渓や山添村の神野山、曽爾村の屏風岩公苑などからも見ることができます。

  • 夜明け前の雲海
  • 風に舞う
  • 沈む街
  • 春の雲海

インフォメーション

【ご注意】2017年台風21号によりアクセス道路に被害が出ています。11月1日現在、新道、旧道ともに通行止めで、一般の方の入山はできません。

公園の駐車場は広いのですが、そこに至る道路は1~1.5車線と狭く急勾配で、特に冬場は凍結の恐れもあるため十分に注意して通行してください。
冬季は積雪、凍結があり、道路が閉鎖されることもあります。
公園駐車場から南西側のコンクリート製の展望台へは、ほぼ平坦路です。駐車場から北東側にある見晴台への徒歩登山道(トイレの左側の手すりのある上り坂)は、慣れていれば十数分で登れますが、急な坂が続きますので無理をしないようにご注意ください。

店舗・施設名 鳥見山の雲海
NAME Cloud sea of Mt. Torimi
読み方 とりみやまのうんかい
住所 奈良県宇陀市榛原萩原
アクセス 針インターからR369号を9km南下し玉立橋東詰を右折、1.7kmで右折(針から合計約13km)登山道は1~1.5車線
駐車場 あり(無料)

事務局からのご案内

スズメバチやマムシ、イノシシ等の目撃情報がありますのでご注意ください。
山中で野生動物に遭遇した時は、大声で騒いだりせず、静かに遠ざかるようにしましょう。
山頂は、地表よりも気温が低く風が強いときもあります。季節を問わず1~2枚以上余分に羽織るようにして下さい。

地図

Pocket

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

地域分類

おすすめ記事

ブログ新着記事

ページ上部へ戻る