布留の高橋 ― Furu-no-takahashi bridge ―

全国の高橋さんのルーツ ―The origin of all Takahashi family name―

全国の高橋姓のルーツと言われる橋です。
もともとあった「高橋」の正確な場所は不明で、この橋は近年再建されたものだそうですが、「高橋」の歴史は非常に古く、日本最古の道とされる「山の辺の道」、日本最古の神宮である「石上神宮」にも隣接しています。万葉集にも「石上 布留の高橋 高高に 妹が待つらむ 夜そ更けにける」と詠われています。
今の感覚で見ると普通の小さな橋ですが、川底から見ると結構高い場所にかかっていて、当時の人達にはとても立派な橋と見られていたのでしょう。この付近に暮らす人たちが「高橋」姓を名乗って全国に散らばって行ったのかもしれません。橋のすぐ下には、「ハタの滝」が見えます。また、布留川は6月上旬~中旬にゲンジボタルが舞うことでも知られています。
江戸時代に描かれた石上神宮の絵図には、夏越大祓式(なごしのおおはらえしき)を執り行う祓殿があったと書かれたいたそうです。

  • 万葉集
  • ハタの滝
  • 布留の高橋

インフォメーション

「高橋」という名の橋は、奈良市の大安寺近く(ココス大安寺店の西側)にもありますが、おそらく歴史的には、布留の方が古いのではないかと思われます。

店舗・施設名 布留の高橋
NAME Furu-no-takahashi bridge
読み方 ふるのたかはし
住所 〒632-0013 奈良県天理市豊井町布留町222
アクセス ●石上神宮から徒歩約15分
●天理本通りを東へ向かった信号のある布留交差点からは約700m
駐車場 なし

地図

Pocket

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

地域分類

おすすめ記事

ブログ新着記事

ページ上部へ戻る