ささやきの小径 ― Sasayaki-no-komichi (whispering promenade) ―

静かな散歩道 ―Quiet promenade―

春日大社の二の鳥居から高畑町の志賀直哉旧居方面にぬける散歩道です。両側を馬酔木(アセビ)の木に囲まれ、カップルにもおススメの静かな散策路となっています。
さだまさしの「まほろば」で「馬酔木の森の馬酔木(まよいぎ)に」と歌われたことでも知られています。
もともとは、高畑町に住んでいた春日大社の神官たちが通った道のひとつで「下の禰宜道(しものねぎみち)」と呼ばれていたそうです。この東側に「中の禰宜道」「上の禰宜道」もあります。
馬酔木は3月~5月頃に開花、小さなスズランのような形で、白とピンクがあります。咲く位置が目線よりも高いことが多く、色も鮮やかと言うわけでは無いので、あまり目立つ花ではありませんが、鹿が食べないことから奈良公園一帯で良く見かけます。この広大な馬酔木の森も鹿が食べないためにここまで広がったものです。

  • 馬酔木(あせび)
  • アセビの森
  • 鹿
名称 ささやきの小径
NAME Sasayaki-no-komichi (whispering promenade)
読み方 ささやきのこみち
住所 奈良県奈良市春日野町~高畑町
アクセス 徒歩、春日大社参道の二の鳥居の手前で右側に別れ、そこから60mでさらに右側の小道へ(入口にボーイスカウトの施設がある)
入り口は少しわかりにくいですが、入ってしまうと後は一本道です。
駐車場 あり(有料:春日大社の駐車場、高畑町駐車場など)

地図

Pocket

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

地域分類

おすすめ記事

ブログ新着記事

ページ上部へ戻る