幾坂池の一本桜 ― Cherry tree at Ikusaka-ike pond ―

名前は無くとも地元では知られた桜 ―Unnamed, but well known in the area―

天理、親里競技場前の幾坂池の土手に植えられたソメイヨシノのうち、南側の一本が特に大きく見事です。よく見ると根本は一本ではなく、何本かの桜がお互いに巻き込んで融合しているように見えます。
この桜そのものには名前が付いていませんが、一本桜と呼ぶにふさわしい威厳が感じられます。道路側から見上げる姿が美しいのはもちろん、道路わきの階段を上がると池の周囲に遊歩道があるので、桜の根元まで近づいて眺めたり、対岸から映り込みを楽しむこともできます。
もともと観光名所ではなく周囲にも商店や民家もほとんどない場所ですが、桜シーズンだけは、遠方からの見学者も来るちょっとした名所・撮影スポットになっています。

  • 夜の幾坂池
  • 月光下の桜
  • 2018年3月29日
  • 2014年4月1日

インフォメーション

2018年4月 2日 見頃終わりました。
2018年3月29日 満開です。
2018年3月24日 開花が始まりました。

2017年4月 7日 七分咲き、そろそろ見頃です。
2016年4月 4日 満開です。
2016年4月 2日 そろそろ見頃です。
2016年3月30日 四分咲きです。

店舗・施設名 幾坂池の一本桜
NAME Cherry tree at Ikusaka-ike pond
読み方 いくさかいけのいっぽんざくら
住所 奈良県天理市杣之内町
アクセス 名阪国道の天理東インターから南へ3.5km、旧R25号との交差点を過ぎて直ぐ左手の土手の上
●JR長柄駅から徒歩約2.5km
駐車場 なし

地図

Pocket

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

地域分類

おすすめ記事

ブログ新着記事

ページ上部へ戻る