古宮遺跡のヒガンバナ

Pocket

そろそろ見頃かなと古宮遺跡(古宮土壇)のヒガンバナを見に行きましたが…
そろそろどころか満開、しかも一部が白く色褪せていました。と言うわけで、これが最後のチャンス!?
何とか夕焼け空になって欲しいところですが…^^;


と思っていたら、太陽の両側に幻日(げんじつ)が出るという嬉しいサプライズ!
これは、大気光学現象のひとつで、薄い雲が出ているときなどに太陽から左右22度離れた場所に虹のような輝点が見えるものです。朝や夕方に時々見られますが、両方同時に見えることは珍しいですね。


その後、秋を感じさせる筋雲が上空いっぱいに広がって、真っ赤な夕焼けを期待させてくれたのですが…
西の方から黒っぽい雲が広がってきて怪しい雰囲気になってしまいました。(涙)


しかし、ここで諦めてはいけません!
日没を過ぎたころ、北西部の雲の切れ間だけでなく、黒い雲に覆われていたはずの南西部までが、にわかに赤く色づいてきました。真っ赤な夕焼と言うわけではないのですが、赤紫の不思議な光が数分間だけ黒い雲を染めてくれました。

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

 
ページ上部へ戻る