ここが変だよ大立山まつり(^^)

Pocket


昨日で第2回の奈良大立山まつりが終わりました。 パフォーマーの方たちが頑張ってましたね。生徒さん達はもちろんですが、倭-YAMATO-の方たちはさすがの仕事をしているなと感じました。
でも、ちょっとというか、かなり気になったこと…
有料席を設けるのは別に構わないのですが、レイアウトが変じゃないでしょうかねぇ。写真上の右下のようにパイプ椅子が並べられているかなり広いエリアが鎖で四角形に囲われていてその北側(大極殿の前)と南側に舞台が設置されています。パイプ席は有料席と招待席になっているんですが、一般の観光客は、正面から見ることもできないし、正面に近い角度から見ようとすると物凄く遠い場所からになります。第一、鎖の外側から立って見るのって、何か塀の外から覗き込んで見ているようで気分が良くありませんよねぇ。演者の方にも申し訳ない気持ちになってしまいます。

おまけに初日は、招待席には一人も座っていないこともありました。招待された人も来ないようなものをわざわざ寒い中見に来たの?って気分になりましたよ。^^;
あと、去年も気になった段取りの悪さ、ステージとステージの間に模様替えが必要なのはわかりますが、「つなぎ」のトークぐらいは入れないと寒い中、じっと待ってるのは辛いですよね。
最後は、変な色の照明。これは去年より少しマシになってたようですが、演者に照明が当たってないとか結構ありましたね。
まぁ、色々勝手なことを言ってるんですが、これからも続けるんだったら、まだまだ改善点がありそうな気がしました。

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

 
ページ上部へ戻る