チューリップフェア後の馬見丘陵

Pocket


例年、穴場としてオススメしているチューリップフェア終了後の馬見丘陵公園ですが、今年は少し様子が違います。
ハナミズキの白とピンクが桜に代わって鮮やかに咲き誇っているのはご覧のとおり…


今年は咲き始めも散りはじめも早かったチューリップも、まだ少しは残っているのですが、何か例年とは違っているなぁと思ってよ~く見てみると。


例年、チューリップが散った後、その下から顔を出して一面をブルーに染めていたネモフィラが今年はほとんどありません。皆無と言うわけではないのですが、ちょっと残念…^^;


さて、園内のいたるところに咲いていたタンポポにも綿毛が目立つようになってきました。あまりにも開花が早くて驚かされたドイツスズランは早くも見頃が終わっていました。

今年の春は駆け足でやってきましたが、このまま初夏、夏の花も早く咲くのでしょうかね。

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

 
ページ上部へ戻る