鳥見山の春雲海と桜

Pocket

今朝は良く晴れて強い冷え込みがありました。そろそろ春雲海の季節なので半年ぶりに鳥見山の様子を見に行きました。
鳥見山公園に至る新道は、去年の台風21号で通行止めになったままですが、旧道については先日復旧し、入山も解禁されています。ただし、旧道の桜井方面は引き続き未復旧個所があるそうです。また、榛原側からの道は、四輪車では曲がれない鋭角カーブがありますので、少し行き過ぎたところでUターンする必要があります。

夜明け前は、室生湖から天満台の住宅側に溢れる霧もあったのですが、空気が乾燥している日が続いたためか、それ以上は雲海が広がってきません。


大宇陀方面は、宇陀松山城が霞みの上に浮かんで見えますが、あまり濃い霧にはなっていないようです。


室生湖の上の濃い霧と手前の霞の合わせ技?ある意味、春らしい雲海風景を堪能できました。^^


鳥見山公園の桜は終わりかけです。次はツツジも楽しみですが、新道の復旧が待ち遠しいですね。

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

 
ページ上部へ戻る