空気が乾いて満天の星空^^/

Pocket


日本の東の海を北上する台風のおかげで乾いた北風が吹きこみ、一気に秋らしいさわやかな気候になりました。こんな時は、満天の星空に立ち昇る天の川を見に行きたいところですが、残念ながら月の巡りが悪くて、夕方から夜半にかけては星が見難い状況です。そんなわけで、今回は、月が沈んでから明け方に見える秋~冬の星を撮影しました。
秋~冬の天の川は夏のようにくっきりとは見えませんが、カメラで撮影すると薄っすらと映ります。先ずはW字型のカシオペアを探してみましょう。明け方が近づくと、ほぼ真上にプレアデス星団(すばる)を見ることができます。肉眼ではなかなか見えませんが、カメラで撮るとアンドロメダ銀河や二重星団、カリフォルニア星雲も写ります。分裂したシュワスマン・ワハマン第3彗星のあたりに輝点が写っていました。


東の空に目を移すと冬の星座が昇ってくるのが見えます。おなじみのオリオン座や全天で一番明るい恒星、シリウスも!
もう少し季節が進めば南の空にカノープスも見えるようになるでしょう。

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

ブログカテゴリー

月別アーカイブ

ブログ新着記事

 
ページ上部へ戻る