昨夜は若草山焼き

Pocket


昨夜は冬の奈良の風物詩、若草山の山焼きがありましたね。一昨日までは雨が少なく乾燥したお天気が続いていたのですが、皮肉なことに開催日当日の朝に雪が積もって開催するのかどうか心配された方も多かったでしょう。
近年は余程の悪条件でない限り催行されるようなので、延期はないだろうと思っていましたが、やはり草が湿ってしまったのか燃え上がり方は控えめでした。
ただ、北西の季節風が強くて、花火の煙を押し流してくれ、また空気が澄んでいたこともあって、遠くの方からも綺麗に見えましたよ。

上の写真は、花火はワンショットの合成なしですが、山焼き部分は、14枚を重ね合わせています。実際の山焼きは燃えているところが直線状になって数十分かけて移動していくのですが、写真に撮るときは多重露光や合成などを使って山全体が赤く燃えているように表現するのが、一種の伝統になっています。
また、花火は午後6時15分から30分まで、山焼きはその後なので同時に見ることはできません。写真を見て勘違いする方が多いので最近はポスターやチラシにも注釈を付けるようになってきましたね。

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

 
ページ上部へ戻る