若草山も再び大雲海に!

Pocket


さて、今朝の雲海、次のポイントは一昨日と同じ若草山です。すでに地表は濃霧に包まれているので奈良盆地の横断は減速してノロノロ運転で移動しました。それにしても三連休の中日に、とっても希少な春日の大雲海が発生するとは、ビッグなクリスマスプレゼントになりましたね!
若草山の山頂から見ると盆地はほとんど雲海の下になっています。右の方に頭を出しているのが生駒山です。一昨日よりも低い霧ですが、満月が上空から照らすので街灯りはあまり透けてきません。月灯りが無ければもっとカラフルに光っているのが写せるんですが、ちょっと残念ですね。


時折り、南側の御蓋山にも霧がかかりますが、一昨日とは全然写り方が違いますね。たった二日の違いですが、満月が照らすだけでこんなにも景色が変わってしまいます。


さすがに連休と言うこともあって、時間が経つにつれて人の数がどんどん増えてきました。山頂は広いので、三脚を立てる場所に困るようなことは無いですが、こんな時間にこれだけの人数と言うのは、新記録じゃないでしょうか?
ただ、夜明けが近づくと残念なことに晴れていた空がだんだんと曇ってきました。月光が弱まるのは良いのですが、上空が雲ると放射冷却がストップしてしまい地表に押さえつけられていた霧が上空に昇ってきたり、拡散して消えてしまう恐れがあります。


案の定、手前の建物が密集している地域から順に霧が消えてきました。夜景が露出している部分と雲海に覆われている部分があるというのは風景的には面白いのですが、霧の表面がモヤモヤとしていてメリハリがありません。^^;
本来は朝が近づくにつれて冷え込みが強くなって雲海が成長していくのが理想で、その場合はもっと境目がシャキッとした霧になるんですけどねぇ…

さて、次はどこへ…

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

 
ページ上部へ戻る