いよいよ雲海シーズン(その1)

Pocket


いよいよ秋の雲海シーズン本番ですね。ここのところ雨ばかりが続いて霧は出るものの表面が平らな海原のような雲海は出にくい日が続いていました。今朝は久しぶりに晴れの予報だったので放射冷却霧の発生を予想していつもの鳥見山へ…
既に夜のうちに厚みのある雲海が発生して時折り風に乗って展望台の方にも昇ってきます。東の空には、冬の大三角形、その右上にはオリオン座も見えていますね。


この後、上空の雲はほとんど無くなりました。画面中央のやや左から斜め右上に伸びる薄い光の帯は、黄道光(宇宙の塵に太陽の光が反射しているもの)です。少し上空が霞んでいますが、雲海の方はまだまだ発達しそうです。

しばらく視界がガスに包まれた後、再び遠景が見えてきました。かすかに残る街灯りに照らされた雲海の色がパステル調に美しく写る時間帯です。霧の量はさらに増えていますね。

→ いよいよ雲海シーズン(その2)に続きます。

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

 
ページ上部へ戻る