Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/naramachiinfo/www/nara-kanko/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

M!Nara(ミ・ナーラ)と奈良百景展

Pocket


2018年4月24日にオープンしたM!Nara(ミ・ナーラ)に行ってきました。
場所は奈良市役所の西側で、奈良そごう(1989~2000)、イトーヨーカードー奈良店(2003~2017)が閉店した後の建物です。古くは、皇族で飛鳥時代~奈良時代の権力者、長屋王の邸宅があった場所とされ、そごう奈良店などが閉店したことから藤原氏との権力闘争で非業の死をとげた長屋王の呪いとまで噂されている立地です。
(^^;)


今回はあまり時間をかけずに各フロアを回りましたが、イトーヨーカードー奈良店の時代と比較すると(良い意味で)テナントを一新したリニューアルオープンというイメージです。今回、少し変わった取り組みとしては、インバウンドの外国人観光客を意識したような忍者のアトラクション、外国人に受けそうなお土産を売る店があったり、屋上の回転展望レストランだった所(平城宮跡の眺めが抜群!)が簡易ホテルとして再利用されているところなどでしょうか。

地元の方たちには、普通に日常使えるスーパーマーケット、電気量販店、ファッションやフードコート、ビュッフェ形式のレストラン、カフェなどもあって便利だと思いました。


↑ 今はボルダリングのクライミングウォールになっていますが、奈良そごう時代にイッツアスモールワールドのからくり時計があった場所です。からくり時計は、広島そごうや横浜そごうにもありましたが老朽化のために日本国内のそごうからは全て無くなりましたね。この壁の裏側でまだ眠っているのかなぁ(^^)


5階の奈良市美術館も再オープンです。


今回、一番良かったのが意外にもこれ、「奈良百景展」(5月6日まで、入場無料)でした。奈良市周辺で描かれた絵画が100点展示されているのですが、奈良に詳しい方なら一見しただけで場所がわかるような絵が多数あって、順に見て行くだけでも楽しめます。観光パンフレットの写真と違って、描いた方の感性に触れられるのも良いですね。作者のコメントも添えられていて、無料の冊子には地図まで付いていますよ。

なお、今回あえてバスでアクセスしましたが、やはり交通の便が微妙です。ミ・ナーラの周辺には、老舗の奈良ロイヤルホテルに加えて、新しいホテルの建設予定もあり、平城宮跡の施設(平城宮いざない館など)からも徒歩圏内と言えなくはないのですが、幹線道路にもかかわらず路線バスの本数はあまり多くありません。歩いて移動するにも普通の道路や住宅街で退屈な道のりです。この辺りを含めて周辺の開発を進めて行く必要がありそうですね。

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

ブログカテゴリー

月別アーカイブ

ブログ新着記事

 
ページ上部へ戻る