日本の雨は主に大台ケ原に降る※

Pocket


今日は奈良市街は良く晴れているなと思っていたのですが、東からどんどん雲が流れてきます。どうやら台風の影響で三重県側にはかなり雲がかかっている様子です。6~8月に東風によって紀伊半島の南東側、特に大台ケ原などの山岳地帯に雨が多く降る現象は、「大台の背降り」などと呼ばれています。
しばらく台風が居座りそうなので紀伊半島の南東部では雨や曇りの日が続きそうです。

※マイ・フェア・レディに出てくる早口言葉 “The rain in Spain stays mainly in the plain.”「スペインの雨は主に平原に降る」より(^^;)

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

ブログカテゴリー

月別アーカイブ

ブログ新着記事

 
ページ上部へ戻る