新緑の十津川・谷瀬の吊り橋へ(その2)

Pocket

新緑の十津川・谷瀬の吊り橋へ(その1)の続きです。

吊り橋の渡り口(南側)に係りの人が付いていますが通行は無料です。ちなみに南岸側にある駐車場は有料ですが、迂回して北側に回り込むと無料の駐車スペースがありました。なお、通常は南岸側の駐車場に車を停めて徒歩で北岸へ渡り、また徒歩で南岸に戻ります。ただ、混雑時などは、南から北への一方通行になり、その場合は有料のバスで車の渡れる橋へ迂回して南岸に戻ることになるそうです。

橋は、一人で渡るだけでも歩く時の振動で結構揺れます。何人かが一度に渡るとさらに不規則な周期で揺れるので、なかなかスリルがあります。また、左右のワイヤーまでは距離があるので、手すりのようにもたれかかることはできません。何しろ長さが297mということで、歩いても歩いても真ん中にはたどりつきませんね。(笑)


↑ 真ん中に来ると両側の視線を遮るワイヤーもなくなるので、さらにスリルが!

ちなみに川面からは、54mの高さだそうです!
無数のワイヤーに支えられているので、まあ橋そのものは安心感があるのですが、底(踏み板)が普通の木の板なのでちょっと怖いかも(^^)
以前、訪問した時は、地元の方がバイクで悠然と渡るのを見ましたが…


↑ 今回は電動カートを見ました。これ、2台のすれ違いは無理ですよね(^^)


↑ お散歩コースでしょうか? きっと怖いでしょうが、ご主人様を信頼していますね。

さて北岸に「ゆっくり散歩道」と「展望台」の案内地図がありました。距離は書いていないので「ゆっくり」の意味するところが激しく不明ですが、とりあえず行ってみることに…


結論から言うと展望台までは、約1.5kmで途中の神社までの大半が上り坂です。なので、往路はだいたい30分くらい(帰りは20分)かかります。最初の1kmは日差しが強い時期だとちょっと辛いかも知れませんが、神社に登る階段の辺りからは森の中の木陰が続きます。また、ところどころに上の写真のような手作りの案内板があります。


↑ 展望台からは吊り橋を眼下に見下ろすことができます。
上の写真は超広角レンズなので橋が遠くに感じますが、地図で見ると吊り橋の北岸から展望台までの直線距離は500m以下です。ここに至る道は谷間を避けてぐるっと回り込んでいる感じですね。こんな風に橋を見下ろせる場所は他に無いと思うので時間と体力のある方にはオススメですよ。

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

ブログカテゴリー

月別アーカイブ

ブログ新着記事

 
ページ上部へ戻る