奈良市小倉町の田の虫送り

Pocket

奈良市の東部にある小倉町(名阪国道の小倉インター近く)で行われた「田の虫送り」という伝統行事を見てきました。
毎年6月16日に行われますが、今年は16日が雨天であったため、観音寺で行われる仏事だけが16日に予定通り行われ、松明の行列は18日の土曜日に延期されていました。

resize8510

「虫送り」とは、田んぼの害虫を追い払う行事で、古くは多くの集落で行われていましたが、今ではあまり目にすることができません。「8日目の蝉」という映画の中で小豆島で撮影された虫送りのシーンがありますが、その小豆島でも映画の撮影前までは途絶えていたのだそうです。
奈良県では、天理市山田町やここ奈良市小倉町のほかにも宇陀市などの小さな集落ごとに今でも伝統が受け継がれています。

resize8509

お寺で行われるのは「虫供養」と呼ばれ、たとえ害虫であっても供養すると言う日本人の心の優しさ、豊かさを感じることができます。この日は既に供養が前々日に終わっていたので、7時20分頃には、大人子供が本堂の灯りを移した松明を振りかざし、お寺を出発しました。

resize8513

途中で二手に分かれた松明の行列は、それぞれ集落の境界線まで練り歩き、残った松明を焼いて終わります。
虫送りが終わるころには、周囲の田んぼにはホタルが舞っていました。

resize8511

場所:奈良県奈良市小倉町372(小倉観音寺) 名阪国道の小倉インターから1.5km
行事のお問合わせ:奈良市役所都祁行政センター 0743-82-0201

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

ブログカテゴリー

月別アーカイブ

ブログ新着記事

 
ページ上部へ戻る