大神神社のササユリを見てきました。

Pocket


台風並みの低気圧が接近… と言いながら昼前後は真夏の様な青空が広がっていたので急遽予定を変更(^^)して、大神神社(おおみわじんじゃ)へササユリを見に行ってきました。大神神社のササユリは御神花として、6月17日に奈良市の率川(いさがわ)神社で行われる三枝祭(ゆり祭り)で使われます。
大神神社の御祭神である大物主大神は、率川神社の媛蹈韛五十鈴姫命(ヒメタタライスズヒメノミコト:神武天皇の皇后さま)の父親にあたり、率川神社は大神神社の境外摂社とされています。


ささゆり園には、ササユリの他にヒメユリやオニユリも咲いていました。時期的にはピークを少し過ぎているかもしれませんがまだ大丈夫でした。この近辺で食事は、三輪素麺が定番ですが、お茶の時間だったので、わらび餅!(^^)

なお、平地のササユリが見頃を終わっても、室生深野などの山手では、まだまだササユリを見ることができますよ。花を咲かせるまでに6~7年もかかる貴重な植物です。山中でササユリを見かけても採らないようにお願いします。

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

 
ページ上部へ戻る