今冬からタイヤチェーン装着が義務化へ…

Pocket

2018年2月の大雪によって、福井県内で1500台規模の立ち往生が発生したことなどを受けて、今冬からタイヤチェーンの装着が義務化されるそうです。
今のところ、対象となる区間は一部の国道や高速道路に限定されていますが、今後拡大される可能性があります。また、違反した場合は罰則が適用される可能性もあります。
いずれにしてもノーマルタイヤなどで立ち往生するとそれがもとで大規模な立ち往生が発生し、自分だけでなく他人の命を危険に晒す可能性もあります。

雪道で「行けるところまで行ってみる」は厳禁です。スタッドレスタイヤを装着している場合でも、万一立ち往生した場合の「次の手段」としてチェーンを携行しておきましょう。

以下は、2018年1月に掲載したブログ記事の再掲載です。



一昨日の首都圏の大雪では、トンネルに車が長時間閉じ込められるなどして大変なことになっていましたね。前日にあれだけTVなどで注意喚起されていたのに何故ノーマルタイヤで外出するの?って思ってしまいます。
雪道をノーマルタイヤで走行するのは道交法違反になるだけでなく、人身事故にもつながりかねませんので絶対に止めましょう。

冬タイヤ(スタッドレスタイヤなど)は、見た目は少し溝が深いだけで普通のタイヤと大きな違いはありませんが、柔らかい材質のゴムで雪をつかむようにして走るので、ノーマルタイヤでは発進すらできないような状態の路面でも比較的安全に走行できます。(ただし、ゴムが硬化するので寿命は3冬くらいです。)
乾燥路でもそのまま走行できるので、年に数日しか雪が積もらないような地域でも安全のために装着する方が多いようですね。
ちなみに四輪駆動にノーマルタイヤと言う組み合わせもたまに見かけますが、四駆は発進時には効力を発揮できるものの止まるときは、四駆でも二駆でも性能は同じなので雪道では大変危険です。また、最近の車はほとんどABSなどの安全装備が付いていますが、これもブレーキをかけた時の方向の安定性を確保できるものの必ずしも制動距離は短くなりません。先ずはタイヤを優先して安全対策をしましょう。

一度融けた雪が凍るとアイスバーンとなってさらに滑りやすくなることもあります。場合によっては表面が黒光りする「ブラックアイスバーン」となって見た目ではわからなかったり、その上に薄く雪が積もっていることもあります。こんな場合は、スタッドレスタイヤと言えども万能では無いので、慎重に運転するように心がけたいものです。
ちなみに、スタッドレスタイヤを装着している場合でも金属チェーンを車に積んでおくとかなり安心です。いざという時に駆動輪に装着すれば、(経験者によれば)二駆+スタッドレス+チェーンで、ほぼ四駆+スタッドレスに匹敵するのだそうです。チェーンにも色々ありますが、効果の高さ、装着の簡単さ、収納スペース、価格の安さで総合的に見れば亀甲型の金属チェーンが圧倒的にオススメです。


・金属チェーン:安価で収納スペースも小さく、装着も比較的簡単です。
・樹脂チェーン:そのまま乾燥路もある程度走れるのがメリット。ただし収納スペースが大きく、高価です。
・布製チェーン:凍結路にも効果があり着脱が簡単ですが、乾燥路を走るとすぐに摩耗します。

布製チェーンは、緊急脱出用の使い捨てと考えた方が良いでしょう。チェーン規制時は認められない可能性があります。なお、外して回収する際は、バケツか大きなビニール袋を携行しておいた方がよさそうです。

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

 
ページ上部へ戻る