季節外れの若草山雲海

Pocket


昨日辺りから夏の夕立と言うよりは秋雨前線メインの雨が降るようになって、そろそろ季節の変わり目を迎えています。例によってこんな時は面白いものが見られるはず… と今朝は若草山へGo!
雨の翌日には雲海が出やすいとよく言われますが、実際は、晴れ間による放射冷却があることや風が無い事が雲海の発生には重要で、予報では、少し雲が薄くなるものの晴れ間は少なく、若干東風も入るようなので、ちょっと微妙な条件でした。


若草山から見ると平城宮跡や西ノ京の辺りにときどき霧が発生しますが、東風に押されて矢田丘陵と生駒山の間辺りに向かって流されてしまい。なかなか盆地には霧が溜まってくれません。ただ、期待以上に上空の空気が澄んでいるので普通に夜景がきれいなのは儲けもの。(^^)
これは、緩やかではあるものの放射冷却によって逆転層ができているということなのでしょう。


空が明るくなると今度は手前の春日の森からも大量の霧が昇ってきて、一旦視界が閉ざされました。


視界が開けてきた後は変化が早すぎて、シャッターが間に合わない(^^;)


駐車場が、20頭ほどの鹿さんに占拠されていました。(爆)
今朝は山頂であまり見かけないと思ったらこんなところにいたんですね。

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

 
ページ上部へ戻る