Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/naramachiinfo/www/nara-kanko/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

郡山の金魚の電話ボックスが撤去!?

Pocket


大和郡山の城下町で長らく親しまれてきた金魚の電話ボックスが、今年のお城まつり終了後の2018年4月9日に撤去される予定だそうです。
撤去されることになったのは、下記のような理由からだそうです。

●当該金魚の電話ボックスは、京都造形芸術大学の教授と学生からなる金魚部が発表(2011年)したものがもとになっている。
●上記の作品が、福島県在住の現代美術作家の作品(1998年)に酷似しているとの指摘があった。

ここから、撤去することになるまでの詳しい経緯については、「大和郡山 金魚ボックス 撤去」などで検索すれば多数の記事が見つかります。
すべての情報が公開されているわけではなさそうなので、ここでは直接的な意見は差し控えますが、金魚の町の名所になっていたので残念なことではありますね。

ちなみにこれが、商標権や特許の問題であれば、比較的話は簡単で、日本の場合だと大抵は先願主義(先に出願した側に権利がある)に基づいて権利者が決まります。今回のような著作物の場合は少し話が違っていて、(模倣ではなく)偶然そっくりな作品が生まれた場合は、両方の著作権が認められることもあります。
判例としては、松本零士さんが、槇原敬之さんに謝罪を求めて訴えた
●「銀河鉄道999」の作中フレーズ「時間は夢を裏切らない、夢も時間を裏切ってはならない」
●「約束の場所」(CHEMISTRY)の歌詞中「夢は時間を裏切らない。時間も夢を決して裏切らない」
が有名です。こちらも詳細は、ネットなどに多数記事が出ています。

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

 
ページ上部へ戻る